【Arkhe】テーマは、超シンプルなカスタマイズ用、制作者向けの国産WordPress無料テーマ

「Arkhe」テーマをご紹介します。

「Arkhe」は、WordPress有料テーマ「SWELL」の開発者の了さんが作ったテーマです。

フロントページ

「Arkhe」は、WordPress公式ディレクトリに登録されている無料テーマです。

目次

Arkheのインストール方法

WordPress管理画面から、外観→テーマ→新規追加、テーマを検索…のところにArkheと入力すると出てきますので、インストールを押します。

これで「Arkhe」がインストールできました。

Arkheは、いたって無駄のないシンプルなデザイン

外観はいたってシンプルです。最低限の装飾しかありません。

それもそのはず、このテーマのコンセプトは、「超シンプルでWEB制作のベースに最適な無料WordPressテーマ」

とあるからです。シンプルなテーマで、あとは各々が自由に組み立てると言った趣旨になります。

実際装飾が最小限なのでCSSの上書きがしやすいです。それから、シンプルなテーマを探している方には最適かと思われます。

使用用途はコーポレートサイトなどに向いているかと思われますが、ブログとしても使えます。

本体は無料、専用プラグインは有料でライセンスを購入すればアップデート可能!

本体は無料ですが、専用プラグインが公式サイトから販売されており、そちらを利用すれば、もっと機能を追加することもできます。

アルケー公式サイトから引用
  • Arkhe Blocks Pro ¥3,300 ¥2,200 Arkheに最適化された便利なカスタムブロックを追加します。
  • Arkhe Toolkit ¥2,200 ¥1,100 Arkheテーマの機能を拡張するプラグインです。
  • Arkhe Wookit ¥5,500 ¥1,100 ArkheをWooCommerceに対応させることができるプラグイン。

また、年間のライセンス契約を購入すれば、プラグインをアップデートすることができます。

Arkhe用各プラグインの機能

Arkhe Blocks ProはArkhe用に最適化されたブロックを追加する機能があります。

たとえば、アコーディオンブロックや通知ブロック、Q&Aブロックなどがあります。

様々なブロックを追加できます

Arkhe Toolkitは、Arkheに様々な機能(ウィジット追加や、キャッシュ機能など)を追加するプラグインです。

Arkheに機能が追加できます

Arkhe Wookitは、ArkheをWooCommerceに対応させることができるプラグイン。

まだβ版のようですので、お値段がお安くなっています!¥5,500 ¥1,100

サポートフォーラムはチケット制・プロライセンスは質問し放題

9900円/年の個人向けライセンスにはフォーラムチケット10枚が同梱されます。

また16500円/年のプロの制作者向けライセンスでは質問がし放題となっております。

サポートチケットは1枚から購入することもできます。

サポートフォーラムでは、開発者の了さんが直々に回答してくれます。これはうれしいポイントですね。

まとめ

Arkheテーマも試してみましたが、シンプル好きにはいいですね。

まとめなのですが、アルケーのメリットデメリットを挙げてみました。

  • Arkheのメリットはシンプルなこと
  • Arkheのデメリットもシンプルなこと

です。シンプルでカスタマイズしやすいのですが、全く知識がない人向けではないと思います。

また、カスタマイズできる方には神テーマかと思われます。

使用コンセプトがはっきりしていますので、それもそうですよね。

未だリリース間もないので、プラグインでの機能も少なめですが、今後追加されると思いますので期待できますね。

CSSがわかる程度の素人の私が、触ってみた感想としては、ブロックを使ってランディングページにしていくような、コーポレートサイト向け、制作者向けの無駄のないデザインと内容かなと思います。

プロの方などで、WordPressのフックなどが分かっている方にとっては、フックが豊富なので、自由に組めそうなテーマです。

今後どのようにプラグインやアップデートなどで変化していくのか楽しみなテーマです。

参考「SWELL」のほうのレビューもありますのでよかったらお読みください

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

管理人のそらと申します。WordPressテーマを集めています。今までいろいろなテーマを使ってきた知識を生かそうとブログを立ち上げました。素人目線でレビューしています。よろしくお願いいたします。

目次
閉じる